FC2ブログ
ベビ話が中心のダラダラ日常日記です。台湾で生活しています。

米のshutter、タイのshutter

2008-07-10 (Thu) 19:18[ 編集 ]
shutter_poster.jpg
これ怖い方のSHUTTER。

shutter.jpg
これ怖くない方のSHUTTER。


もともとタイで作られたSHUTTERという映画。

最初はタイ映画でホラーなんて!

なんて侮っていたらビックリ!!

話の内容には少し矛盾を感じるところもあったけど

そんなことは許せちゃいます。

とにかく、こ.....こわい。

しかも主人公の男優が結構男前(それは関係ないか)

インドネシアンの友達に話すと、最近は日本ホラーよりも

韓国ホラーよりもタイホラーがキテイルそう。

同じアジア圏内だからか、とっても湿度を感じる怖さだった。


それに比べて、アメリカでリメイクされたSHUTTER...

どうしてアメリカのホラー映画は背筋が凍るものではなく

とにかく驚かせる路線になっちゃうんだろう。

やはりアメリカでのストーリーにしちゃうと

ダメだと気付いたのか、映画の舞台は日本。

(なぜに日本!?この際タイにしたらいいのに)


めでたくゴースト役には奥菜恵が選ばれたようで。

アメリカ版は期待せずに見たけど、それでもなお

がっかりしちゃったよ...。


やっぱりホラー映画には湿度が必要。

欧米映画では

例えばES(エス)とかCUBEみたいな精神的に

追い込まれるような方が見ごたえがあると思う。


タイ版SHUTTER絶対お薦め!

コメント

お~ば~け~

映画って実際より怖いんだよ。 ホラー映画は観てみたいけど恐怖で失神しそうで観れません。でも、ゆーずのブログで見たい気持ちがかきたてられちゃったよ~!

タイのポスターの男優かっこいい~♡ タイ映画でホラーってほんと想像つかない~!!! 基本的にアメリカのホラー(ホステルとかそういう系)好きだけど、リメイクはほんと毎回がっかりさせられますよねー (*`д´)
もうDVDになってますかー?

>ホラー映画には湿度が必要

同感です!(名言っ)

これ私もタイ版をちょこっとだけ見たんですよ。結構こわかったような。タイって意外にきっちり映画撮ってて、ラストがよくわからなくなる日本よりも面白いと思うときがあります。

shukaへ

実際より怖い...そうなんだ...shukaが言うと納得。
いや、でもそれ聞いてちょっと安心。
闇雲に怖がる必要はないんだね。

shuka、日本に帰国したよねー!?お帰り☆
既にカイルシックになってないかな!?

ゆっけさんへ

そうやねーーーん!男優さんなぜかめちゃめちゃ男前なんです。びっくり。タイに行った時、こんな男前いなかったよ。
とってもレアだ、きっと。
ホステル、私も見た!あれ、怖かった!
幽霊が出てくる系はアメリカとかでは無理。
そう思うんです。
ホステルとかみたいに、サイコホラー系はなかなかいいですよね。
SHUTTERは、タイバージョンは既に出てるはず!

reachiaさんへ

確かに、タイ映画結構ちゃんと作ってますよね!
日本の???、まだ続くの?って終わり方ではないので
なるほどーーって気持ちで終われますよね。
友達いわく、怖いタイ映画もっともっとあるらしいです。
チェックが必要ですね。
湿度を感じる映画を見ると、トイレにいけなくなりますw

こんばーん。
うん。夏はホラー。
って人が集まらなきゃ
こわくて見れない。

ちょっと夏のプチ夜の会とか
あったらこれチョイスしまふ。

エス。
アメリカ、サイコっぽいのおもしろいよね。
ってまだはやってるんかな?

@しんへ

私も怖がりのくせに見たくなるタイプ。
その昔呪怨を見る時、女10人ほど集まって見たけど
(しかも白昼)
怖くて、何度かDVD止めてみたw

エス、怖いよね、本当にあった実験を元に作っているだけに
考えさせられるよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jaspermallon.blog61.fc2.com/tb.php/34-4f76650a

 | HOME | 

PROFILE

ゆーず

ゆーず

私:ゆーず
旦那サマ:はんち
猫♂:じゃすタン
犬♂:麻呂
ベビ:かにちゃん

2005/はんち&ゆーず
   コモンローパートナーになる

2007/じゃすタンが家族に加入

2008/ 麻呂も家族の一員に

2009/ はんち&ゆーず
   法的にも家族になる

2010/ かにちゃん誕生★

Lilypie Third Birthday tickers

LINKLIST

LINKS

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

(C) ゆーず All Rights Reserved.